久し振りに一本の電話

2017年4月25日前後、将棋の蝶谷さんから久し振りに、電話がありました。
「あ? 田口さん、蝶谷です」
「どうも?どうも お元気ですか?」
「はい どうにかやってます」
「それは良かった。お噂はたまに耳にしますよ。
上町の喫茶店にたまにお見えになるとか」
「そうですか」
「それに、いつぞは将棋の団体戦をサロンの方で有難うございます」
「イヤ?イヤ」
「それにしても、久し振り。何か御用ですか?」
「そうなんです。実は私、近々引越しようと思っているので、
本やら観戦記の原稿をもらってもらおうかとお電話しました」
「エ?そんな大切もの頂いて良いのですか?」
「まあ記念によろしくお願いしますよ」
「分かりました。では横須賀・按針将棋サロンで皆さんに見てもらいます」

という事で、4月30日サロンに蝶谷さんがお見えになりました。
蝶谷さんはプロの観戦記などもお書になったり、
子供逹に将棋を教えたりとサロンの初期の頃、大変お世話になりました。
お元気で頑張って下さい。そしてお時間が有りましたらサロンへ遊びに来て下さい。

2017年4月30日 横須賀・按針将棋サロンにて