お殿様初御来店
京急逸見駅やきとり
「さくらい」

2016年7月11日、逸見町の名店、やきとり『さくらい』へ
お殿様御一行をお連れしました。
なぜかと言うと、2年前の長崎県は平戸の按針忌に参加させて頂いた折、
お殿様と雑談中飲み屋の話しになり、「では今度そこへ連れてって下さい」
と言う事で実現しました。残念なのは店主92歳のお母さんが元気なうちに
お連れしたかったです。
なお、『コロボックルの会』の名誉顧問を心良くお引き受け下さり、会員一同
感謝申し上げます。

私が中学1年生の頃、部活(野球部)から帰る途中たまに逸見駅の階段のそばにある
屋台の焼鳥「さくらい」に寄りシロを2本タレをいっぱいつけて自宅がある吉倉町まで
クチャクチャやりながら帰った事を思い出します。
大人になったら腹イッパイ「さくらい」の焼鳥を食べたいと思いました。
現在では名物のオジサンも他界され奥様と娘さんが五時~八時半頃まで営業しています。
詩の中の案山子はここ数ヶ月前に新しく加わったメニューでタマネギとツクネがさしてあります。
今はなくなってしまいましたがホーデンやパンクリーの焼鳥が懐かしく本当に旨かったです。
焼鳥6本、薬缶、酒1合、520円。是非一度は来て下さい。
逸見駅裏道徒歩一五秒 焼鳥「さくらい」
2005年12月 赤ワイン『青い目のサムライ』にサンドブラストしてプレゼント 五窓歩

薬缶酒手より唇そっと出し
薬缶から注がれるお酒は、コップに目一杯になり手に持つとこぼれてしまいます。
よって手より口が先に行くのが自然、当然頭が下がり一日の締めで感謝なのです。
最初の一口がまあ旨いのなんのって、薬缶頭のゴマは汽車ポッポでありんす。
逸見駅ウラ 焼鳥「さくらい」
2013年 赤ワイン『青い目のサムライ』にサンドブラストしてプレゼント 五窓歩

  • 孫のカンカン(初来店)

  • よくまあ食うたぜ!

  • 正ちゃん御酩酊

  • 久米ちゃん テカちゃん 佐藤さん 相原さん 根岸さん 阿部さん

佐藤さん 相原さん 根岸さん 阿部さん

  • 卯月さん 佐藤さん

  • 小金井さん 山岸さん 相原さん

石田の頭 山岸さん 相原さん 伊藤さん

  • 小金井さん トチさん 山口さん 根岸さん 山岸さん

  • 根岸さん 山岸さん 相原さん 伊藤さん

  • 早ちゃん 正ちゃん 西ヤン

  • 早ちゃん 山岸さん(ジェントルマン)