「木村利三郎追悼」展・南アルプス市立美術館
NO.2

2017年9月25日~26日、2回目の
【木村利三郎追悼】展に行って来ました。
何故?2回もかって?
それは11年前、利三郎さんの住むニューヨークに
斎藤さん・栄ちゃん・ゴマちゃん夫婦でおじゃましたのが縁で、
栄ちゃんが「どうしても行きたい」と言う事で、
南アルプス市立美術館へ足を運びました。
お陰さまで、楽いアート旅行が出来ました。感謝!
さて、美術館に着くと相変わらず利三郎さんの写真が
にこやかにお出迎えしてしてくれました。
ちなみに写真は、横須賀の高橋亜彌子先生がお撮りになったものです。
楽しく鑑賞させて頂き帰ろうとすると、副館長の櫻本さんと
学芸員の矢野さんが、わざわざお見送り下さいました。
そして次回の【安野光雅の世界展】のポスターを頂きました。
「有難うございます。会社に貼らさせて頂きますネ」と、美術館を後に。
しかし~しかし縁は異なもの味なものと申しますが、
私達は1年前に【コロボックルの会】を立ち上げましたが、
安野さんのポスターに描かれている小人が、まさにコロボックルそのもの。
ビックリです!利三郎さんをご縁に又、山梨へ行かなくては?
でも行きそう!受付けの可愛い女性に逢いに。
「違うだろ、違うだろ~このハゲ」と奥さんに怒られそうです。